外来のご案内

ボツリヌス療法外来

当院リハビリテーション科では、脳卒中の後遺症などの痙縮に対して、ボツリヌス(ボトックス®)療法外来を毎週水曜日に行っています。

診療日
毎週水曜日
14:00~16:00予約制

痙縮(けいしゅく)とは

痙縮とは、脳卒中・脊髄損傷・脳性麻痺などの疾患により、手足の筋肉の緊張が異常に高まっている状態です。手足の指がまがったままで掌が洗えない、肘や膝がまがったままで伸びない、膝・足がつっぱってしまって歩きづらい、つま先がひっかかる(内反尖足など)、はさみ足になるなどの症状を起こします。
これらの症状を和らげるためには、異常に緊張した筋肉を緩ませる治療が必要です。そのままにしておくと、筋肉や関節が固くなり変形が起こったり、疼痛などの症状が悪化したりすることもあります。この痙縮に対する治療法の一つにボツリヌス(ボトックス®)療法があります。

痙縮(けいしゅく)とは

ボツリヌス(ボトックス®)療法

ボツリヌス(ボトックス)療法

緊張の高い筋肉に《直接注射》します

筋肉を軟らかくする作用があります

細い注射針を刺して、その針に弱い電流を流し、筋肉の反応を確認しながら、標的の筋肉や運動神経を探し、薬剤を注入します。1回の治療で数カ所に注射を行います。薬剤としては、神経筋接合部遮断薬であるボツリヌス毒素(ボトックス®)を用います。
針を挿入する時、動かす時、薬剤を注入する時に軽い痛みを感じますが、いずれも一過性です。過剰な筋緊張が低下すれば、痙縮による症状は緩和されます。
その効果は、注射後の2〜3日目から徐々にあらわれ、効果の持続は一般に3〜6ヵ月とされていますが、より効果的/持続的な効果を得るためには、事前の適切な評価と治療後のストレッチなどの自己管理が大切です。それでも効果の持続期間には個人差がありますので、ボツリヌス療法後も通院していただき、その後の治療方法につきご相談していきます。

起こりうる危険性と合併症

注射した部位に、皮下出血ができたり、痛みがしばらく続いたり、痛みを伴うしこりができることが稀にあります。また、効き過ぎると、力が入りにくくなったりすることがあります。特に下肢の治療は、歩きづらくなる、転倒しやくなる、などの症状が出現する場合もあり慎重に検討が必要です。

当院での治療の流れ

当院ではリハビリ専門医が患者さんの状態に合わせてボツリヌス(ボトックス®)療法を行い、合わせてリハビリテーション、自主トレーニング/生活指導を行います。

  • 01 ご予約

    [医療福祉相談室]
    リハビリ外来担当に、電話で診療予約

    0466-48-0050

    0466-48-0050

  • 02 外来初診
  • 03 外来リハビリテーション (1-2回)

    評価、生活指導

  • 04 外来再診

    ボツリヌス療法を行う日時の決定

  • 05 ボツリヌス療法を実施
  • 06 外来リハビリテーション (数回)

    自主トレーニング指導、生活指導

  • 07 外来診察 (1ヶ月に1回程度)

費用について

上肢および下肢痙縮に対して、ボツリヌストキシンA型(ボトックス®)が保険適応になっています。身体障害者手帳1・2級の方等が支給対象となる重度心身障害者医療費助成制度の活用が可能です。(自治体により等級・年齢・所得等の支給基準が異なる部分があります。お住いの自治体にご確認ください。)

ボツリヌス治療に伴う
短期入院のご案内
  • 1~数泊 程度
  • 集中的なリハビリテーション

ボツリヌス治療後に気分不快や歩行能力の低下などを経験され、不安を感じていらっしゃる方には1~数泊程度の短期入院をおすすめしております。入院中はボツリヌス治療と合わせてホームプログラム指導を中心とした集中的なリハビリテーションをおこないます。なお、脳卒中発症後180日以上経過している場合は健康保険による制限(他院での入院・外来も含め260分/月)を超えるリハビリテーションは自己負担(選定療養費)となります。

ご予約・お問い合わせ先

ご予約・お問い合わせは、
お電話にてお受けしております。

[医療福祉相談室]
リハビリ外来担当

0466-48-0050

[ 受付時間 ]
月曜日〜金曜日 9:00〜17:00