診療科・部門

腎臓・高血圧内科

概 要
当院の腎臓・高血圧内科では、近年増加の一途をたどる慢性腎臓病に対して、早い段階から介入し、将来の血液透析の予防だけでなく、心血管イベント(脳卒中、心筋梗塞、狭心症など)を未然に防ぎ、患者さんの健康寿命を保つことを目標としております。
2018年4月からは血液透析も開始し、より地域の皆様のニーズに応えた医療を提供していきます。
(外来通院透析は現在対応しておりません)

外来診療担当表

診療内容

腎疾患・高血圧

末期腎不全の血液透析の導入

他院で維持血液透析を既に施行されている患者様で、当院の療養病棟、回復期リハビリテーション病棟、地域包括ケア病棟に入院される患者様の血液透析の継続

高血圧・各種腎炎など(外来診療)

④ 慢性腎臓病(CKD)には、栄養士、看護師、薬剤師と患者教育にあたるチーム医療、CKD教育入院

があれば
ご相談ください。
  • 血尿・蛋白尿
  • 高血圧
  • 浮腫
  • 検診や他院で腎臓が悪いと指摘された

など

担当医師紹介

  • 飯ヶ谷 嘉門
    飯ヶ谷 嘉門
    • 医学博士
    • 慶應義塾大学 特任准教授
    日本内科学会認定医・総合内科専門医
    日本腎臓学会認定専門医
    日本透析医学会認定専門医・評議員
    日本高血圧学会認定専門医・指導医
    身体障害者福祉法指定医・腎臓機能障害
    昭和大学医学部講師(非常勤)
    臨床研修指導医
    平成12年 東海大学医学部卒
    [メッセージ]
    患者さんに安心して検査、治療、透析を受けて頂けるように皆様とのコミュニケーションを大切にし、同時に院内勉強会等を積極的に行い患者さん、およびご家族に貢献できる医療を提供できるよう心がけています。