診療科・部門

リハビリテーション科

概 要

湘南慶育病院は科学的根拠に基づく
最先端のリハビリテーションと
地域に根差すやさしい
リハビリテーションをめざしています。

湘南慶育病院は健育会グループで培ってきたリハビリテーションや2次救急などの基本的な病院機能に加え、健康・高齢社会抗加齢研究/医療ビッグデータ研究/ヘルスインフォマティクス研究、スマートリハ研究などの付加機能をもった病院です。
リハビリテーション科では慶應義塾大学医学部リハビリテーション医学教室よりリハビリテーション科指導医、専門医、療法士、研究者を複数派遣していただき、同教室と連携して、世界初の「スマートリハ室」のプロトタイプ構築に取り組み、最新のリハビリテーション医療を提供していきます。

外来診療担当表

リハビリテーション科のご案内

リハビリテーション科では疾患や障害を踏まえて、急性期および慢性期のリハビリテーションを入院または外来で実施しています。当院で提供可能なリハビリテーションにつきましては適時HP内に掲載してまいりますので、そちらをご参照ください。

外来リハビリテーション

入院リハビリテーション

リハビリテーション用語解説

「スマートリハ室」とは

※BMIは未承認医療機器であり、その使用は治験や公的臨床研究に限られています。そのため通常のリハビリには使用することはできません。当院でBMIを使用した治験、臨床研究を行う場合は当ホームページでお知らせいたします。

担当医師紹介

私たちは世界初の「スマートリハ室」のプロトタイプを構築するために、慶應義塾大学医学部リハビリテーション医学教室より当院へ派遣されてまいりました。スマートリハ室の成長にはみなさまのご協力が不可欠ですので、よろしくお願い申し上げます。

  • 赤星 和人
    部長赤星 和人
    • 慶應義塾大学医学部 非常勤講師
    • 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科 特任教授

    日本リハビリテーション医学会専門医/指導医
    日本臨床神経生理学会認定医

    昭和62年、慶應義塾大学医学部卒業。同リハビリテーション医学教室入局。平成3年、同助手。平成9年、同医長。平成11年、市川市リハビリテーション病院 部長。平成28年、同病院長。平成29年、湘南慶育病院 副院長/リハビリテーション部 部長。

  • 新藤 恵一郎
    副部長新藤 恵一郎
    • 慶應義塾大学医学部 非常勤講師
    • 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科 特任准教授

    日本リハビリテーション医学会専門医/指導医
    日本臨床神経生理学会認定医

    平成11年、慶應義塾大学医学部卒業。同リハビリテーション医学教室入局。平成16年、東北大学肢体不自由リハビリテーション科 助手。平成20年、東京都リハビリテーション病院 リハビリテーション科 医長。平成23年、慶應義塾大学月が瀬リハビリテーションセンター 専任講師。平成24年、Danish Research Center for Magnetic Resonance (DRCMR), Denmark, Guest Researcher。平成26、東京都リハビリテーション病院 リハビリテーション科 医長。平成29年、湘南慶育病院 リハビリテーション部 副部長。

※ 研究業績などは慶應義塾大学医学部リハビリテーション医学教室HP(https://keio-rehab.jp/)を参照ください。