診療科・部門

眼科

概 要
当院眼科では一般的な疾患に幅広く対応しており、加齢が原因で生じる白内障、加齢黄斑変性、緑内障の早期発見と治療に特に力を入れております。また、緑内障と並んで日本人における失明原因の上位に位置する糖尿病網膜症の早期発見、治療も行っております。糖尿病網膜症や加齢黄斑変性などから生じる黄斑浮腫に対して、当院では抗VEGF製剤を用いた硝子体注射を導入しており、治療が必要な患者さんを積極的に受け入れております。
当院では入院施設を有していますので、重篤なぶどう膜炎や網膜中心動脈閉塞症といった緊急を要する疾患に入院対応で治療を行うことができ、また全身に合併する眼科疾患では当院内科や他の科と協力して治療を行うことができます。
目の違和感、結膜炎、花粉症、ドライアイなどの症状に対しても丁寧な説明を心がけております。コンタクトレンズ診療には現在対応しておりません。

外来診療担当表

手術

当院では入院にて白内障手術、外来にて翼状片手術、霰粒腫切開術などを行っております。また外来にて各種レーザー治療を行っております。増殖糖尿病網膜症や網膜剥離などに対する硝子体手術には現在対応しておりません。慶應義塾大学やその関連施設、近隣の医療機関などへご紹介させて頂きます。

白内障手術について

当院では一泊二日の入院で白内障手術を行っております。手術で扱う人工レンズは現在、保険適用の単焦点眼内レンズのみを使用しており、保険外診療の多焦点眼内レンズは使用しておりません。白内障手術が必要な患者さんは、手術の日程を相談して決定し、手術前の検査や手術の詳細な説明を行います。手術日は基本的に火曜日で、水曜日の午前中に退院となります。

1泊2日の入院

手術日
火曜日
退院日
水曜日(午前中)

検査

網膜の血管疾患に対して蛍光眼底造影検査、緑内障や脳疾患に対してゴールドマン視野検査、ハンフリー視野検査、眼球運動を検査するHess検査、網膜感度を測定するフリッカー検査、網膜機能を評価する網膜電位図、網膜や視神経の形状を評価する眼底三次元画像解析(OCT)、角膜内皮細胞検査、超音波検査などの各種眼科検査を行っております。また、ドライアイなどで目の表面の涙の状態が不安定な場合は、視力は良いものの、実際は日常で見えづらいことがあり、こういった場合にはご希望に応じて実用視力計を使用した日常での実用的な視力を測定し評価することができます。

担当医師紹介

  • 久保田 俊介
    部長久保田 俊介
    • 日本眼科学会専門医
    • 医学博士
    • 慶應義塾大学 特任准教授
  • 久保田 みゆき
    副部長久保田 みゆき
    • 日本眼科学会専門医
    • 医学博士
    • 慶應義塾大学 特任講師