診療科・部門

泌尿器科

概 要

腎・泌尿器の症状や疾患に対して幅広く診療しております。

外来診療担当表

診療のご案内

泌尿器科は、内科疾患も外科疾患も幅広く、そして診断から治療まで一貫して泌尿器科医が診療にあたっています。例えば膀胱がんによる血尿の患者さんが外来にいらしたら、初診対応はもちろんのこと、膀胱鏡で診断をつけ、さらに手術で治療する、そして術後のフォローも自分たちで行う。この一貫性が患者さんとの信頼関係を築く意味でも非常に大事なことだと思っています。当院では手術は行っておりませんが、地域の先生方とも連携を取りながら、専門治療を行って参ります。
「尿に血が混じる」「健康診断で血尿と言われた」、男性で「尿が近い、排尿に時間がかかる」、女性で「尿が近い、尿漏れがある」などの症状がある時は泌尿器科外来をご受診下さい。

担当医師紹介

  • 椎橋 元
    井手 広樹
    • 医師
    • 泌尿器科専門医
    所属学会
    日本泌尿器科学会、日本癌治療学会、アメリカ泌尿器科学会、
    日本透析医学会、日本内分泌学会、日本泌尿器内視鏡学会
    2001年 慶応義塾大学医学部卒
    [メッセージ]
    ちょっとした排尿の悩み、相談も含めてお気軽にご相談ください。よろしくお願いします。
  • 鈴木 紘一
    桝田 司
    • 医師
    • 泌尿器科専門医
    所属学会
    日本泌尿器科学会、日本癌治療学会
    [メッセージ]
    社会の高齢化に伴って、前立腺肥大症、過活動膀胱、泌尿器科がんの疾患が増えております。患者様それぞれに満足していただけるよう、外来診療にあたらせていただきます。